Home > Avid MCS > Avid Media Composer 5 ( ソフトウェアー ) 概略

 

 

 Avid Media Composer 5 ( ソフトウェアー ) 概略
 

 
最新の " メディアコンポーザーVer5.0 " は業界最速を誇るエディティングパフォーマンスの実現で DN xHD や非圧縮はもちろん、XDCAM HD や DVCPRO HD 、AVC-I 、HDV 、H264 といった異な るフォーマットを使っている場合でも常に同等のパフォーマンスを容易に得る事が可能になり、 多種に及ぶフォーマットをサポートする事でオフライン - オンラインのワークフローを合理化 でき、編集後の完パケの映像をタイムライン上からストレートにエンコード書き出し、ブルー レイにバックアップする事が瞬く間に完了する。

特にWeb系映像のフラッシュデータや各映像フォーマットでの作業効率に於いては効果的なマシ ンとなり、プロジェクトのフィニッシング完結やマスタリング完成までのシームレスな高速処理 が可能になりました。
そして、『Avid Media Composer 5 専用PC』は 64-Bit OS の完全対応の恩恵により最新Quick Time の転送処理スピードが従来の5倍も速くなり、Windows の Avid 上でも  FinalCut との連携で「Apple ProRes 422」のメタデータなどが直接読めるようになりました。

又、Canon 5D MarkⅡ、7D の動画データや XF305 / XF300 の XFコーディクも MXF_OP1a サポートにより直接且つ高速で読めるようになりました。
このような事から 12GB トリプル Channe を基本に最高 DDR3 - 2000 仕様のフルフロントバスセッティングにより『Avid Media Composer 5 専用PC』にインストールされる最新 AVID アプリケーションは、独自のAVIDカスタムメイドによりシステムチューニングする事であらゆるワークフローに適応すべくシームレスに統合された最強のNLEであり、より人間感覚的なリアルレスポンス且つエディティングパフォーマンスは快適そのものです。

今後、急激にコーディク関連などの作業が多くなりつつある現状を考えるとより映像制作の生産性向上への切り札として最も戦力となる事でしょう。
尚、今回の Avid Media Composer 5 は WindowsXP で稼働する最終版です。
 
 
 
前のページに戻ります。