Home > EOS Movie > EFレンズの豊かな映像表現力

 

 

 EFレンズの豊かな映像表現力
 

 
 
社は、超広角から超望遠までのラインナップを揃えて撮影を行っております。
最新光学テクノロジーの結集である Canon EF レンズ群の豊かな映像表現力には毎回撮影で感動させられるほどに素晴らしいものがあります。
EOS 5D MarkⅡ の豊かな映像表現力を生かすも殺すも、優れた透過率や色再現性を誇る Canon EF レンズの光学性能こそがすべてなのです。
EOS ムービーで撮る最大の特長は、第1 に全 Canon EF レンズ群を使用できる事と、第2 に EOS 5D MarkⅡ が、今までのムービーカメラにはない、大型映像センサーを搭載している事の 2点です。
ほとんどの Canon EF レンズは、 35mm 版フルサイズ CMOS を基本ベースに開発されています。
それはフィルムカメラの一眼レフ時代から、長年 Canon が培ってきた技術の積み重ねが少なからず活かされています。
そのフルサイズ CMOS センサーの描写力の善し悪しは、 Canon EF レンズの光学性能によって、決定づけられる事になります。
どちらが劣っても、理想的な描写力は生まれてこないのです。
そのような事から、たとえハイビジョン映像レベルであってもレンズ性能によって格段の違いが実感できます。

弊社では、EOS 5D MarkⅡ で撮る理想の一眼ムービーとして球面収差を極力さけるよう、単焦点レンズ F1.2 を基本にズームレンズでも F2.8 IS Ⅱ USM の明るい Canon EF レンズのみを採用しています。
少しでもそのような拘りの姿勢は、EOS ムービーに特化したムービークリエイターとして理想の映像表現に少しでも近づける為に、大きな意義のある事だと思っております。
これまでのビデオレンズに比べ、遥かに抜けの良い高性能な EF レンズだからこそ、多彩な表現力は折り紙付きでその実力は高い評価に裏付けられている事も事実です。
それらアドバンテージとなる Canon EF レンズは、被写界深度の浅い映像を作りボケ味描写の美しい映像表現でモデルの表情や衣装までも引き立たせる事ができます。
キレの良い Canon EF レンズだからこそ被写体の持つ質感を息をのむほど鮮やかに映像化されます。
又、自然光の色彩の発色は写真ゆずりで、光の色彩階調表現力も EOS ムービーでも遺憾なく発揮されます。
その他、よりナチュラルな室内照明下に於いても、今までにないほどの空気感さえも描写してしまうほど豊かな再現力は圧巻です。
Canon EF レンズの豊な映像表現力は、このように光の美しさに拘った世界観のある EOS ムービーとして観る者を一瞬にして感動させてくれるでしょう。

 
 
EOS Movie の映像制作進行に於ける一連の流れの解説(ABC)
EOS Movie に特化した映像制作に於ける Movie Project's・5 Plan's の詳細内容
 
 
前のページに戻ります。