EOS Movie の映像制作進行に於ける一連の流れの解説

 

(1) 映像の撮影 (シューティング) を行う。

べては、一番重要なこのオペレーション次第で決まると言えるのではないでしょうか?。

この撮影の完成度の善し悪しが、その後の編集に於いての映像の最終完成度を高めると言っても過言ではありません。

つまり、その完成された撮影映像であればあるほどよい素材映像となり必ず、編集映像のクオリティーを高める事は言うまでもありません。

そして撮影する商品内容によっては、スタジオ撮影であったり、ロケーション撮影であったりします。

又、同時に広告的写真撮影依頼が含まれる場合もございますがご心配無用です。

一眼マルチカメラでの撮影を常用していますので、イオスムービーで撮影中でも同時に広告的写真撮影が的確に進行できます。

それこそはイオスムービーの強みであり、フルサイズ一眼ムービーの最大の強みでもあります。

撮影中にそのようなアクションが可能な事は大幅な撮影時間の短縮になり強いてはコスト削減に少なからず貢献している事と実感しております。

それ故に今までのような大掛かりな撮影システムや高電力仕様のビデオ照明機器を使用せずともハイクオリティな映像撮影が可能になりました。

だからと言って撮影技術が不要になった訳ではありません。

映像クオリィティを求めるあまり、かえって今までのビデオ撮影よりも感覚を揺さぶるほどに遥かに高度な撮影テクニックが必要になった事は事実です。

それでも納得に値する感動の映像を創りだす事はイオスムービーの本当の素晴らしさだと感じております。

それから、撮影スタジオなどを利用される場合は予約状況いかんでは撮影が大幅にずれ込む場合もしばしばですのでご理解ください。

そして、当たり前の事ですが、天候に左右されるロケーション撮影では必ず撮影予備日をもうけ制作期間も踏まえてスケジュールには時間的余裕を持つ事も必要でしょう。

 

 

(2) 映像の編集 (エディテング) を行う。

の編集(エディティング)は映像制作の中で最も時間と労力そして共に能力が最大限に費やされるコ

ア "核"となるオペレーションカテゴリーです。

今まで撮影された映像の元材料のすべてのデータを完璧までに隅々まで把握しながらご依頼されるクライアント様のプランニングに沿ったイメージも踏まえて徹底的に商品分析をしながら且つ、PRターゲットの購買動向又競合他社との差別化などを十分計りながらしっかりとした考察に基づいて努力の限り映像編集の完成度を確かな物へと確率致します。

オープニングタイトルやクレジットテキスト、CG、モーショングラフィックなど説得力のある即戦力のある映像へと仕上げていくように最高のクリエイティブを探求し完成度を高める為の努力は惜しみません。

又、編集中の細部の疑問に関しては何度でもやり取りが行われながら作業が進行して参りますのでご安心頂けます。

 

 

(3) 映像のMA (オーディオミックス) を行う。

のオペレーションが始まる事は映像制作の完成が間近になって来たと言う事になります。

オペレーションの内容としてはMAスタジオにてナレーションの音声取りをしたり、本編のイメージ内容にふさわしい音楽(BGM)の挿入作業をするなどですが、意外と単純作業のように思われますが、ある意味、場合によっては最も神経を使うオペレーションカテゴリーかも知れません。映像内容にふさわしいナレーション選択に神経を使う事は決して無駄な事ではありません。

つまり作品の最終完成度を高品質な作品として仕上げるにはナレーターの人選はとても重要な作業になります。

その事から弊社はご依頼されるクライアント様、御社ご担当者様にお伺いを頂戴して必ずナレーターの人選を的確にアドバイスできるノウハウを的確に提示して参ります。

 

( B ) PRODUCTIONs (映像制作を行う)

East Dimension Co since 1994 / Copyright © 1994 – 2021 East Dimension Co All Rights Reserved.

掲載の記事・写真・動画・音楽・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。