気象まめ知識

14, 台風の定義

に夏から秋にかけてやってくる台風の定義は図の様になっている。

台風とは前線を伴わない熱帯低気圧の一種で、大きさは風速 15m/s 以上のエリアの規模を表し、強さは中心付近の最大風速を表している。

 

この事を覚えておくと、テレビ等で台風について報道されているのを聞きながら、台風の大きさや勢力が大体検討がつく。

 

弱い熱帯低気圧とは中心付近の最大風速が 17m/s 未満で前線を伴わない低気圧を言う。

East Dimension Co since 1994 / Copyright © 1994 – 2021 East Dimension Co All Rights Reserved.

掲載の記事・写真・動画・音楽・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます。